こんなにある、フランチャイズの種類

オーナーを手厚くサポート

フランチャイズは、1960年代ごろからわが国で普及し始めた店舗ビジネスの経営形態です。
特定の店や企業がチェーン展開を行う場合、2つの方法があります。1つは個々のお店を本店なり本社なりが直接運営するスタイルで、もう1つは個々のオーナーに運営を任せるというものです。後者に当たるのがフランチャイズです。
フランチャイズの場合、それぞれの店は独立採算によって運営されますが商号は統一され、経営上のサポートも本部から受けることができます。そのため、自分の店を持ちたいがまったくの独力で行うのは心配、といった人たちが比較的低リスクで独立を果たす手段として注目されています。
フランチャイズ方式を採用している業種はたくさんあります。最もよく知られているのはコンビニエンスストアや居酒屋、ラーメン店などですが、他にもさまざまな種類があります。

サービス業でも普及が盛ん

フランチャイズ方式を採用している業種にはやはり小売業と飲食業が多く、前述の他にも均一ショップや書店、ファストフード店などがあります。
また、サービス業においても普及は進んでおり、ハウスクリーニング、不動産仲介、自動車修理などもフランチャイズ方式によって運営されている店が数多く存在します。
ユニークなところでは、ブランド品や貴金属類などを買い取って中古品市場で売却する、いわゆる買取専門店にもフランチャイズ方式のチェーンがあります。こうしたタイプの店はかつては質屋がその代表格で、開業するには既存店に勤務して修業を積み、商品鑑定のノウハウを身につける必要がありましたが、現在ではフランチャイズに加盟して本部で短期集中型の研修を受け、整備されたマニュアルを活用すれば未経験者でもスムーズに開業を成功させることが可能になっています。

© Copyright Advantages Of Franchise. All Rights Reserved.